大学生の履修の組み方のコツを紹介!【新大学1年生必見】
ぽー
こんにちは!大学生家庭教師ブロガーのぽー(@giRSbEr4g9UGKGs)です。
たかし
大学の履修登録ってどうすればいいですか?
あと履修の組み方のコツも教えてください!
ぽー
こんな疑問を解決していきます~!


大学生の4月の前学期9月の後学期になるといよいよ履修登録期間が来ます。


友達がいれば一緒の授業を取ったり、先輩に聞いたりできるのですが、最初だと友達もいない状態で履修登録をしなければならないです。

ぽー
初めて履修登録するとき相談できる人もいなかった。。。


実際僕も初めて履修登録をしたときはどうすればいいのか全く分かりませんでした。

僕が大学に通って気を付けた方が良いと思ったのは

・1年生のうちに取れるだけ履修を組む

・受講する授業は落とさない

・3年生になった時の専攻を意識する

・履修の選択は余裕をもって行う

・必修科目以外で1限はなるべく取らない

この5つです。

これから新入生になる方に履修登録を組むうえで気を付けた方が良いポイント、そして簡単に単位を取れる授業も紹介していくので

ぜひ最後までご覧ください!

新入生が履修登録で気を付けた方が良いポイント

1年生のうちに取れるだけ履修を組む

ぽー
1年生のうちには取れるだけ履修を組むのがオススメです。単位は先に取っておけば取っておくほど有利になります!


これは単に遊べるからではありません。仮に4年生になっても単位が足りないということになれば、本来力を入れたい卒論に取り組む時間が無くなり、就活にも影響が出てくるからです。


1年生の履修登録時に4年間でこれだけ取ろうという計画を立てるのもなかなか難しいと思います。


だから1年生の時から取れるだけ履修を組めば後から苦労しなくて済みます。

ぽー
実際僕も1年生が終わったタイミングで45単位取りました!

受講する授業は落とさない!


いくら履修を組んでも単位を落としていては意味がないです。

ぽー
大学生が単位を落とす原因をまとめてみました。

・授業に出なかった→出席点足りず不合格

・真面目に勉強しなかった→テストで不合格

・レポートを出さなかった→課題点足りず不合格


そもそも授業に出ていないと出席点が足りなくなるだけでなく、授業の内容すらも友達に聞かないと分からず詰んでしまいます。


このブログを見ている方はそんなことはしないと思いますが

ぽー
「テストのある授業では勉強時間をしっかり確保してテストに備える」

「レポートのある授業ではさぼらず提出する」


といった当たり前のことをするのが大事ですね!

 履修登録する授業は落とさない!

3年生になった時の専攻を意識する


大学に入りたての頃は「3年生からの専攻のことなんてまだ早い」と思う新入生は非常に多いと思います。しかし、いずれ4年生になったら専攻した分野で卒論を書くのです。

ぽー
なので1、2年生のころから自分が専攻するであろう分野についてしっかりと意識し、それに関係する授業を受けてみてください。

しかし専攻分野をいきなり意識するのは難しいです。なので最初は自分が好きな分野や興味のある分野について積極的に掘り下げていくことで自分のやるべきことが見つかるはずです。

履修の選択は余裕をもって組む


履修登録期間は何日間かありますが、必ず余裕をもって選択しましょう。

ぽー
僕は過去に履修したはずの授業が選択ミスで履修できてなくて、あやうく履修出来ないというところまで来た経験があります...


余裕をもって履修すればこんなことにはならないのでみなさんは履修の選択は余裕をもって組んでくださいね!

 履修の選択は余裕をもって行う!

必修科目以外で1限はなるべく取らない


これはまじめな学生には関係ありませんが、僕のような不真面目な学生には深刻な問題なのです。


大学の1限が始まる時間はだいたい午前9時からです。ということは仮に1時間ぐらい登校時間があるとしたら7時に起きる必要があります。


なので9時に始まる1限が出席を取る授業だと、遅れた学生は点数をひかれ良い成績も取れないどころか最悪の場合単位を落としてしまう可能性もあります。

ぽー
僕もそのケースで、なにも知らずに1限を取り、あと1回授業に遅れてきたら単位を落とすという極限なところまでいった経験もあります(笑)


みなさんにはそんな経験をしてほしくないので必修科目でない限り1限を取るのはおススメしません。


ちなみに最近ではコロナウイルスの影響でオンライン授業が始まり登校時間も無くなり時間に余裕も生まれますが、やはり1限を取るのはおススメしません。

 必修科目以外で1限をなるべく取らない!
ぽー
改めて復習です!大学生はこのポイントを抑えつつ履修登録してみてください!

・1年生のうちに取れるだけ履修を組む

・受講する授業は落とさない!

・3年生になったときの専攻を意識する

・履修の選択は余裕を持って組む

・必修科目以外で1限はなるべく取らない

簡単に単位を取れる授業


授業別にレポートの課題がある授業、テストのある授業、様々な授業があります。そのなかでできるだけ労力を使わないで取れる授業を紹介していきます。


その前に大学の評価方法のおさらいです!


大学の授業の評価方法


ずばり評価方法は3つです。

・テスト(1発勝負)

・レポート(時間がかかるが確実に単位が取れる)

・出席系(リアクションペーパーや小テストも含まれる)


簡単に単位が取りたい大学生はずばり、授業参画度で評価される授業、リアクションペーパーで評価される3つ目の出席系の授業を取るのがオススメです。


正直授業に出て1時間半スマホを触り、その後に5分ほどリアクションペーパーを書いて単位が取れるというカモな授業は存在します。


そうゆう授業がいわゆる「楽単」と言われ、大学生は楽単をいかに選択できるかが重要なのです。


間違ってもテストが100%で評価が決まってしまう授業を安易な気持ちで選ぶのは気を付けてください。


テスト1発勝負といっても、A4サイズの紙を持参して良いテストやノートを持参して良いテストなどいろいろあります。

ぽー
僕が経験した1番難しかったテストは、何も持ち込みなしで60分で2000字を書くという内容でシラバスでよく確認すればよかったと後悔しました。

みなさんはよくよく確認してから履修してくださいね。

おすすめの記事