大学生家庭教師の仕事って何してるの?裏側も含めて全部教えます!
ぽー
こんにちは!大学生元家庭教師ブロガーのぽー(@popoposite)です。


本記事では大学生の家庭教師の仕事って何してるのかについて解説していこうと思います。

家庭教師の仕事ってどんな事するの?
ぽー
こんな悩みを解決していきます!
✔問題に答えられる根拠

・僕は家庭教師を初めて6か月です

ぽー
この記事を読んでほしい方

・家庭教師の仕事を知りたい人
・家庭教師に興味がある人
・塾で教えるのと違いを知りたい人
ぽー
3分ほどで読めるのでぜひお読みください!

家庭教師の仕事内容

ぽー
家庭教師の仕事内容は大きく分けて3つあります。

・生徒の学習のサポート

・生徒の勉強管理

・授業報告


1つずつ紹介していきます。

・生徒の学習のサポート

ぽー
これが1番みなさんが思い描いてる家庭教師のイメージでしょう。


実際に生徒さんに勉強を教える仕事が家庭教師の仕事の7~8割
を占めています。


教える内容は学校で出た宿題の解説・先週家庭教師が課した課題の解説をすることです。


先生のなかにはわざわざ学校の宿題を解説しないで答え合わせだけして終わる先生もいます。そういう先生がいると成績がなかなか伸びにくいので家庭教師をする場合は、答えにたどり着く過程を丁寧に復習していきましょう。


家庭教師は大学生以上であればほとんどの人がなりますが、


医大生志望の生徒や国立志望の生徒など教えるレベルが高ければ高いほど、時給は上がっていきます。

 

教える内容・学年にもよりますが、僕の場合は教える内容を前々から事前学習することはありません。

ぽー
ちなみに東大生の家庭教師の方は医大生志望の子を教えていて1時間で5000円ほど稼いでるそうです。恐ろしいです,,,

2、生徒の勉強管理

ぽー
家庭教師の仕事の基本は生徒の勉強をサポートすることです。


その中で週1回の家庭教師は1週間ごとの生徒の勉強の予定を管理するのも仕事の一つですが、

僕が思うに家庭教師の仕事で1番重要なのは生徒の勉強進捗を管理することです。


ではなぜ勉強の管理で家庭教師の力量が分かるのかというと

生徒にはそれぞれの勉強のペースがあるからです。

始めたての家庭教師の方のあるあるなのですが、勉強が嫌いな生徒を受け持ったとき


始めたての家庭教師の方は生徒がどれくらい勉強できるのかを把握しづらいのでどうしても生徒の許容範囲を超えた宿題を課してしまいがちになってしまいます。

ぽー
勉強嫌いな子についてはモチベーションをどれだけ上げられるかが大事です。


プロの家庭教師は教えることももちろんプロなのですが、生徒のモチベーションを上げる能力も長けています。

つまり生徒のモチベーションを考えながら、どれくらい勉強できるのかを適切に判断して宿題を提示できるかが重要になります。

3、授業報告

ぽー
家庭教師の中で割合はそんなに多くはないですが、親御さんへの毎回の授業報告と家庭教師会社への授業報告が月1回あります。


もちろんお金を出してくれるのは親御さんなので、授業報告は細かく行いましょう!ちなみにだんだん親御さんが信用してくれるようになると授業報告は最小限で良くなります。

さらに「時間を伸ばして教えてください」と言われることもあるので、親御さんの信頼を勝ち取ることが大事になります。


家庭教師会社への月1回の授業報告は今月の授業内容の報告、今後の授業方針なども書くことになります。

ぽー
正直すこしめんどくさかったです(笑)

まとめ


家庭教師の仕事内容について知っていただけたでしょうか?


さいごに家庭教師の仕事内容についてまとめると

・生徒の学習のサポート

・生徒の勉強管理

・授業報告


この3つです。


他に家庭教師についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください↓  

おすすめの記事